3軒から4軒の結婚式場の見学をしてよく比較する

結婚式場の見学数が少ないとどうなるのか

結婚式場の見学をするには、時間も労力も必要になるので、できるだけ少ない回数で済ませたいという人は少なくありません。しかし、見学数が少ないと、他の式場と比較することができません。結婚式場を決める際には、料理やドリンクの内容や、自分たちの希望する演出ができるかどうか、そしてパックプランに含まれている内容など様々な項目を検討していかなければなりません。もちろん、予算内におさめられることも大切ですよね。見学が1軒だけだと、その会場が提示してくる内容を「そんなものなのかな」と感じてしまいやすいため、希望に沿った結婚式が挙げにくくなるでしょう。また、見積もりの明細を見ても金額の相場というものが分からないため、値引き交渉がしにくくなります。

複数の見学をすることでわかること

結婚式場の見学をする場合は、3軒から4軒程度予定しておくのが望ましいでしょう。そうすることで、様々な比較ができるようになります。そうすることで、「Aの結婚式場は担当者の提案力が優れている。」や「Bの結婚式場はAやCに比べると融通が利きやすい。」などその会場の魅力がわかり、どこの結婚式場にするかを決める際に材料が増えるため、総合的な判断がしやすくなります。また、複数の結婚式場から見積もり金額を提示してもらうことで、本命の会場に値引き交渉をしやすくなるというメリットもあります。結婚式にかかる費用の総額はとても大きいため、値引きしてもらえる額も大きくなります。「即日契約なら安くします。」と言われたとしても、複数の見学を行ってから決めるようにしましょう。

ジューンブライドへの憧れから6月がいいと希望したり、やはり大安吉日じゃないと等のこだわりを捨てて、結婚式場の空いている日や時間帯を選べば、結婚式が安い費用で行えます。